HOME > ハーモニカ

□販売元:株式会社 福山楽器センター http://www.merry-net.com
○*o。 ハーモニカの種類 。o*○
「ハーモニカ」は吹いたり吸ったりしながら音を出す楽器です。
「ハーモニカ」と言っても、様々な種類がございます。
一般的に良く使用されているハーモニカは大きく分けて「10穴ハーモニカ」「複音ハーモニカ」「クロマチックハーモニカ」の3種類となります。
それらは、主に演奏する曲のジャンルにより分けられますので、ご希望の演奏ジャンルよりお選び下さい。

また、ハーモニカの音の並び(音配列)は「ドレミファソラシド」と順番になっていないのが大半です。
音階順に並んでいるものをご希望の方は、主に学校教育で使用されている「教育ハーモニカ」をお選び下さい。

その他にもアクセサリー感覚でネックレスやキーホルダーとしてもお使い頂けるハーモニカもございます。
お求め易い価格で、プレゼントなどにもオススメです。

各種ハーモニカの特徴を簡単な一覧表にまとめておりますので、ご確認下さい。。

□■ 各種ハーモニカの比較一覧表 ■□
演奏
ジャンル
ブルース
ロック
フォーク
童謡
懐メロ
演歌
ジャズ
クラシック
ポピュラー
(学校教育用) (アクセサリー系)
名称 10穴
ハーモニカ
複音
ハーモニカ
クロマチック
ハーモニカ
教育
ハーモニカ
ミニ
ハーモニカ
有名
アーティスト
グレゴア・マレ 氏
田中光栄 氏
リーオスカー 氏
柳川優子 さん
大石昌美 さん
徳永延生 氏
スティービーワンダー 氏
トゥーツ・シールマンス 氏
参考
画像
定価 525円
〜14,700円
3,150円
〜14,700円
8,400円
〜68,250円
1,260円
〜2,835円
315円
〜3,675円
詳細 特徴 &
音配列
特徴 &
音配列
特徴 &
音配列
特徴 &
音配列
特徴 &
音配列
商品ページへ

□■ 10穴ハーモニカの特徴 ■□
世界で最も愛用者の多いハーモニカといわれています。
長さ10cmほどの掌に収まる大きさで、正面から見ると10個の穴が一列に並んでいるハーモニカです。
主にブルースで使用されることが多いため「ブルースハープ」と呼ばれたり、また10穴であることから「テン・ホールズ」とも呼ばれています。

10穴で3オクターブの音域が出せますが、完全な3オクターブの音階になっているのではなく、主にはコードを吹くために作られております。
そのため、3つの穴をまとめて吹けばトニックコードやドミナントコード、サブドミナントコードを吹くことができます。

音の並びは、真ん中部分がほぼ音階順となっておりますが、低音部や高音部は音階順になっておらず、音も足りていません。
“ベンド奏法”という特殊な奏法を身に付けて頂ければ、不足している「ファ」「ラ」の音を出すことも可能です。

ただし、半音を出すことができないため、それぞれの機種に各調子が用意されており、
演奏曲に合った調子をお選び頂くこととなります。
音配列 例:C調の場合
10穴ハーモニカについて、更に詳しく説明している「10HOLE Q&A」のページも是非ご覧下さい。

□■ 複音ハーモニカの特徴 ■□
トレモロハーモニカとも呼ばれており、上下2段に分かれているハーモニカです。

上下2つの穴は、若干ピッチをずらした同じ音となっており、上下を同時に吹く(吸う)ことによりビブラートがかかり
豊かな響きのある音色になります。
その独特な音色が日本で昔から人気の複音ハーモニカです。

吹く音と吸う音は交互に並んでおり、ドミソが吹く音、レファラシが吸う音となります。
吹く音だけを見た場合には「ドミソ」が繰り返し並んでおり、吸う音だけを見た場合にも「レファラシ」が並んでいます。

ただし、それらを交互にした場合、音階順にはならないため、まず中央部分をほぼ音階通りの「ドレミファソラドシ」とし、その後、低音部分や高音部分に順番に当てはめていったような配列となっています。
一見バラバラのようにも見えますが、以上のようにしてこの配列となっています。
初心者の方には馴染みにくい配列だとは思いますが、最初は中央部分で楽しみながら徐々に慣れて頂ければ、
違和感なく楽しんで頂けると思います。

ただし、半音を出すことはできませんので、それぞれの機種に各調子が用意されており、
演奏曲に合った調子をお選び頂くこととなります。
音配列 例: 21穴C調の場合

□■ クロマチックハーモニカの特徴 ■□
クロマチックとは半音階という意味で、全ての音を出すことが出来るハーモニカです。

側面にスライドレバーが付いており、レバーを押すことにより、半音高い#の音を出すことができます。

たとえば、レバーを押さない状態で吹くと「ド」、同じ穴をレバーを押さない状態で吸うと「レ」、
同じ穴をレバーを押した状態で吹くと「ド#」、更に同じ穴をレバーを押した状態で吸うと「レ#」の音を出すことが出来ます。
つまり、1つの穴で4つの音を出すことができるハーモニカなのです。

1穴4音式で、4つの穴で1オクターブすべての半音階を演奏する事ができます。
12穴(3オクターブ)や16穴(4オクターブ)などの種類があり、それぞれ半音を含めた全ての音を出すことができますので、
クラシックやジャズのどんな曲でもクロマチックハーモニカ1本で吹く事が出来ます。
音配列 例:12穴の場合

□■ 教育用ハーモニカの特徴 ■□
主に幼稚園や小学校などの学校音楽教材として使用されているハーモニカです。
近年では「鍵盤ハーモニカ」が使用されており、あまり見かけないかもしれませんが、
懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか?

半音がなく1段のものと、半音付きで2段のものがあり、どちらも 音階が順番に並んでいるため、
ハーモニカの中でも演奏が容易なタイプとなります。

吹きやすさや耐久性を重視して作られておりますので、ハーモニカに興味をもたれているお子様には
大変オススメな楽器です。
また、懐かしさから教育ハーモニカを手にされる大人の方もいらっしゃいます。
音階順となっておりますので、気軽に楽しんで頂ける楽器だと思います。
音配列 例:15穴の場合

□■ ミニハーモニカの特徴 ■□
オシャレなネックレス型やキーホルダータイプのミニハーモニカは、実際に音を鳴らすこともできるため、
アクセサリーとしても、楽器としても人気の商品です。
ちょっとしたプレゼントにも最適です。

サイズはコンパクトですが、4穴で1オクターブの音を出すことができます。

「1オクターブ8音」で演奏可能な曲集なども発売されておりますので、簡単な曲を演奏することも可能です。
音配列 例:4穴の場合

各ハーモニカには、それぞれメーカーごとに商品を取り揃えておりますので、ご希望商品をお探し下さい。

■予めご確認下さい■
当店では、一部商品をお取り寄せとさせて頂いております。
ご希望の納期がございましたら、予め在庫状況をご確認頂けますようお願い致します。
また、今後、徐々に取り扱い商品を増やしていく予定ですが、タイミングによっては商品ページが作成中の商品もございます。
ご希望の商品がございましたら、お気軽に問合せ下さい。

また、何かご不明な点がございましたら、お問合せを頂けますようお願い致します。
□販売元:株式会社 福山楽器センター http://www.merry-net.com

□ハーモニカコーナーに戻る