画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する
ワイヤレス受信機とボディパック型送信機、タイピンマイク2つのセット
スタッフのコメント:

現場の経験が生かされた業務用ワイヤレスマイクです。もともとは業務用途専売品でしたが、一般の方にも高品質な製品をご利用頂きたく、一般ユーザー様向けの小売販売をさせて頂くこととなりました。ワイヤレスマイクといえば、SHURE(シュアー)やAKG(アーカーゲー)、audio-technica(オーディオテクニカ)が有名ですが、SOUND PUREはプロがリピート購入されるほどの、知る人ぞ知るベンチャー音響メーカーです。

当商品は、受信機1つと同時使用可能なハンドヘルド型ワイヤレスが2本セットになったお得なパッケージです。マイクは、服に取り付けるタイプのピンマイクでハンズフリーでご使用頂けるワイヤレスヘッドマイクセットです。会議室での講義やプレゼン、司会進行、バイオリンや管楽器などの集音にお勧めです。ピンマイクには、ウィンドフィルターが付属しており、風が吹き掛かることにより生じるポップノイズを軽減させます。

音質は、ハイが強調されたサウンドで人間の声を聞こえやすく拡声します。ヘッドマイクに比べ、口元からマイクが離れますので、ボリュームを極端に上げてしまうと、スピーカーの音をマイクが拾ってしまいハウリングしやすくなります。セッティングには若干のテクニックが必要となります。

周波数の設定も可能で、一切混信の無い現場で同時に6波まで運用することができます。ワイヤレスの到達距離は見通し距離で最長約100mです。ワイヤレスマイク本体にはLCDディスプレイが搭載されており、マイク側でも運用周波数や電池の残量を確認することができます。電波の強度も、LoとHiの2通りが設定可能で、強度をLoに設定すれば10mの範囲で電波を送受信できるようになります。混信を避けたい場面に重宝する機能ですね。
この価格でディスプレイ付き、電波強度設定可能なのは本当に驚きました。

気になる電波の帯域はC帯に比べ音質に優れているB帯を使用します。一方の当製品は、国内の電波法に適合する運用周波数806.125MHz〜809.750MHz、出力も10mWとなりますので堂々とお使い頂けます。
マイクの単品販売もございますので、イベント中に不慮の事故でマイクが破損してしまったときに、買い替えることも容易です。

なお、近年通販で海外仕様のワイヤレスシステムが激安で販売されておりますが、運用が許可されていない帯域で、微弱電波局の規定を超える電波強度で製品を使用しますと、電波法違反となり取り締まりの対象となります。また、400MHz〜700MHzは地上基幹放送で使用されておりますので、微弱電波局の範囲内のワイヤレス機器でも周囲のテレビに悪影響を与える可能性がございます。周辺の無線機器に迷惑を掛けないためにも、定められた周波数帯でのワイヤレスマイク運用をお願い致します。

【主な仕様】
無線周波数帯 B帯 806.125 - 809.750MHz
受信距離 最長約100m(使用環境による・1波)
実用範囲:屋内30m/屋外50mほど
周波数チャンネル数 30チャンネル
最大同時使用可能数 6チャンネル
受信機出力端子 バランスXLR / 2系統 アンバランス / 1系統
電源 受信機:付属ACアダプター
送信機:単三電池2本
付属品 BNCアンテナ2本 ラックマウント金具
ACアダプター テストケーブル×1
保証期間 ご購入後1年間(弊社保証規定に基づく)
製造 デザイン設計、技術提供、生産管理ic部品 = 日本
組立工場 = 中国
【Q&A】
Q.ライブハウスで使用したいと考えております、動作環境は大丈夫ですか?
A.当ワイヤレスシステムのみの場合は問題なくご使用頂けます。 ライブハウスの設備機器が分かりませんが他社の ワイヤレスシステムとの互換性はありません。 日本国内電波法B帯仕様のシステムですので同時使用数は6波までご使用頂けます。 チャンネル設定は説明書のグループ分けセッティングに従い混信の少ないチャンネルグループをお選びください。

Q. 電波はどのくらい届くのでしょうか。
A. 電波距離は見通し距離で最長100mとなります。(注意 電波安定距離は状況による。)2本同時に使用した場合は、屋外50メートル、屋内30メートル程が実用距離となります。

Q. マイクのほかに必要なものはありますか?
A. スピーカーは付属しておりませんので、必要に応じてスピーカーをご用意下さい。

Q. このセットにワイヤレスマイクを追加するにはどうすれば?
A. 当セットに追加でワイヤレスマイクを御導入頂く際は、ワイヤレス受信機とワイヤレス送信機のセットでお買い求め下さい。当受信機の同時受信数は2波までとなっておりますので、送信機のみを追加頂いても、受信方法がありませんのでご使用頂く事が出来ません。

Q. 修理はできますか?
A. はい、日本国内にメーカーがございますので修理対応も可能です。
現状ではマイクユニットや基盤など一通りの修理が可能なだけの部品をストックしております。 部品の保有がある限り修理のご対応が可能です。しかしながら、マイクの単品が安価なため、破損があまりに大きな場合は、修理よりも買い替えをお勧めする場合がございます。
ご確認ください。
※当製品は入荷時に全数検品を致しておりますが、通信販売の性格上運送時の事故、衝撃による商品の不良発生なども有り得ます。ご注文は時間的な余裕を十分持ってご発注ください。納期遅延によって生じた損害責任は弊社では負いかねますので予めご了承下さい。(修理も含む)
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。また、モニタの設定などにより色調が実物と異なる場合がございます。ご購入後に思った色と違うなどでのご返品はお受けできません。
 


型番:SP8022-PIN2
価格:43,200円(税込)

数量

※販売価格は、運営サイトで表示されている価格での販売となります。必ず売価を商品ページ内でご確認下さい。
当商品は、送料無料・代引き手数料にて発送させていただきます。





最大6波まで同時運用可能

当製品は、周波数の可変が可能なB帯ワイヤレスです。周囲にワイヤレスマイクが運用されていない場面でしたら、計算上は最大で6本のワイヤレスマイクを運用することができます。

2波受信できるデュアルレシーバー

ラックマウント可能なワイヤレス受信機は、1台で2波のワイヤレス信号を受信できるデュアルタイプです。アンテナは脱着可能なBNC型でケーブルやマウントキットを別途ご用意頂ければ、高度な位置に設置可能です。

ボディパック本体に液晶画面を装備

運用周波数、電池残量がマイク側でも分かるLCDディスプレイを搭載。欲しい情報をパッと確認出来るのがありがたいですね。

マイク側で細かい設定ができる

現場での経験を生かし、電波の強弱やマイク本体のGAIN調節機能を搭載。RF強度はHiとLoの2通りで設定が可能で、近くで仕様している異なるワイヤレスマイクとの混信を避けたい時に重宝します。会議室やカラオケボックスで有効な機能です。

欲しい情報が見える受信機の液晶

ワイヤレス受信機のディスプレイには、電波状況を表示するRFレベルと音声入力の感度を表示するAFレベル、MUTE表示のほかに、ワイヤレスマイクの電池残量まで表示されます。さらに、電池残量が残り少なくなるとLCDディスプレイが点滅し、オペレーターへ交換時期を知らせます。

壊れても買い替えできる

当システムにはワイヤレスマイク本体の単品販売がありますので、予備のストックも可能です。価格設定もお手頃で、保証の対象外となる落下や取り扱い上の衝撃による故障時でも気軽に買い替えることができます。

【ピンマイクの特性】
ν8022e専用ピンマイク単品
マイクユニットはピンマイク特有のかんだかい音質を太くしハウリングに強い設計で使いやすく疲れにくい製品を目指しました。 

接続端子はミニキャノン(XLR)3ピンメスに成ります、他社製品にはご使用頂けません。

PAGE TOP