画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する



画像を拡大する
スタッフお勧め!ゼンハイザーのダイナミックマイク付きセット
【セット内容】ダイナミックマイクe835-S×1/ブームマイクスタンドMBCS02-BK(スタンドケース・クリップマイクホルダー付き)×1
自宅録音やカラオケでのご使用に最適なリーズナブル&軽量なマイクスタンド
スタッフのコメント:
【マイクの特長】
プロの音響屋さんにも好まれているゼンハイザーのマイクフォンです。e835はボーカルやスピーチに特化したダイナミックマイク。単一指向性でシャープなサウンドを提供します。

【マイクスタンドの特長】
キョーリツのロングセラーマイクスタンドMBCSのローコストモデルです。三脚のロック機構が特殊で簡単にロックができる自宅使用にお勧めのブームマイクスタンドです。三脚を広げると3脚部にロックが掛かり、三脚を閉じるとロックが解除され、コンパクトに折りたためるようになります。標準的なマイクスタンドには3脚部にねじがついており、ネジを締め込むことで三脚部と中心部のパイプを固定しますが、MBCS02はネジが不要に。紛失の心配もございません。さらに、この価格でありながらソフトケースも付いているのはありがたいですね。スタンドの重量は従来のMBCSよりも軽くなっています。頻繁にスタンドをたたまなくてはならない、という方や自宅やカラオケボックスへの持ち込みなどで、使用後はケースに収める必要があるという方にはたいへんお勧めです。

スタンド自体が軽いという反面安定性は重たいスタンドよりも劣るため、基本的には自宅やカラオケでのご使用で軽めのダイナミックマイクを固定するという用途にお勧めです。
ステージや業務用途でのご使用やレンタル機材としてのご導入、屋外でのご利用で品質を重視するという方には、TAMAやK&Mのマイクスタンドをお勧めいたします。

【スタッフの勝手評価】

固定力…ブームアームの垂れ下がりにくさ
使い勝手…ロックのし易さ、持ち運ぶ際の重量感

■スタンドの仕様
ブームパイプ長 約890mm
高さ調節 780mm〜1480mm
付属品 クリップマイクホルダー/ソフトケース
保証/検品 メーカー保証無し/当店基準による組立検品

■マイクの仕様
型式 ダイナミック型
指向特性 カーディオイド?
周波数特性 40〜16,000 Hz?
開回路感度
2.7 mV/Pa +- 1 dB (自由音場、無負荷、1KHz)?
出力インピーダンス 350Ω
外形寸法 48 x 180 mm
質量 330g
ご確認ください。
※製品の外観及び仕様は予告なく変更することがあります。また、製造ロットの違いにより仕様が変更となる可能性がございます。予めご了承下さい。
※製品の色調は照明やディスプレイの発色の関係で実際の色と多少異なることがあります。(照明に白熱灯を使用しております。)※写真内のマイクロフォンは付属致しません。


型番:MBCS02-BK-e835-S
価格: 13,444(税込) (税別:12,222円)

送料:
数量

※販売価格は、運営サイトで表示されている価格での販売となります。必ず売価を商品ページ内でご確認下さい。






■MBCS(従来品)との比較
当機種MBCS02の方が軽く、よりお手頃にご利用いただけるスタンドに仕上がっています。価格もMBCS02の方が安めに設定されております。鉄らしい重厚感があるのはMBCSの方ですね。スタンドそのものの安定性は重たいスタンドのほうが優れています。ちなみに従来品のMBCSはクイックロック機構が備わっていないため、一般的なマイクスタンドと同じようにネジで支柱を固定することとなります。重たいマイクを固定した時のアームの垂れ下がり度については、どちらの製品もほぼ同等で他製品と比べると固定力はやや弱いと感じました。もちろん、SM58やCM2000などのダイナミックマイクの固定にはほとんど問題はない範囲です。

■KIKUTANI MS-200Bとの比較
キクタニのスタンドとMBCS02は品質面でいうと非常に似ているとことがあります。おそらく競合機種ということで意識して作られたのではないかと思われます。いずれのスタンドも軽量で気軽にご利用いただける特徴を持ちます。
MBCS02の優位点としては(1)3脚部のクイックロック機構がついている(2)標準でソフトケースが付属する という点がございます。
ブームアームの固定力については、KIKUTANIのMS-200の締めハンドルの形状が指にフィットしやすく、トルクを稼げるため固定力が強いように思います。キョーリツの締めハンドルは円形になっているので、力が入りにくい印象を受けます。

■現場で定番のスタンド K&M 210/2との比較
K&Mのスタンドは価格が倍近くするため、比較するのは酷ですが、安定性・製品の造り・ブームアームの固定力の面で値段なりの違いが出てきます。

…K&M比較@安定性の違いについて


業務用スタンドの210/2のベース部には重量があり、パイプも少し太めに作られているためK&Mのスタンドのほうが安定感があります。

…K&M比較Aブームアームの固定力について

K&Mの210/2は締めハンドルがT字形状になっているため、力がグッと入りやすく固定しやすいです。一方のMBCS02は円形状のため、締め込むには握力が必要です。

★K&M 210/2との比較 総評
安定性・品質の面では当然ながら倍近い価格がする210/2に軍配が上がります。ステージでのご使用や屋外でのご利用には重厚感のある業務用スタンドがお勧めです。
しかしながらご自宅でのご使用ですと、スタンド自体に重量があると取り回しや収納がしにくくなるという場合もございます。ご用途に応じて最適なスタンドをお選びいただけましたら幸いです。

ブームパイプ長 約890mm
高さ調節 780mm〜1480mm
付属品 クリップマイクホルダー/ソフトケース
保証/検品 メーカー保証無し/当店基準による組立検品

PAGE TOP