カテゴリトップ > シンセサイザー > KORG > KROSS 61/KROSS 88特集

KORG 軽量シンセサイザー KROSS-61 KROSS-88







スタッフレビュー:
当機種は、シンプルな操作感と軽量設計の可搬性に優れたシンセサイザーです。
中心部のカテゴリーダイヤルでピアノやドラム、ストリングスなどの大まかな種類を選び、右部のセレクトダイヤルをぐりぐりと回せば、次々とプリセットが変わるので直感的に好みの音色をお選びいただけます。
そういった点で、シンセサイザーを初めて手にされる方や、シンセサイザーにあまり詳しくない方にもオススメの機種です。
シンセサイザーを既にお持ちの方にも、軽量設計の当機種は可搬性の面で、魅力的な製品の一つだと思います。その他機能に関しましては、下記商品説明部をご覧頂ければ幸いです。
スタッフのコメント2:
KROSSは、KORGで長年人気だった入門モデル「X50やPS60」の後継モデルと言える機種です。
他社の入門モデルとして代表的なRoland JUNO GiやYAMAHAのMXシリーズと同等クラスという位置づけですが、バンドでご使用頂くに当たり持ち運びに嬉しい「ボディが軽い」という事が最大の魅力。
さらに、88鍵盤モデルはウエート鍵盤を採用しており”ピアノタッチ”のシンセサイザーです。
61鍵盤モデルと同様にボディが軽い事が魅力で88鍵盤モデルで約12Kgとは驚きです。

KROSSなら、家で作り込んだプログラムやシーケンス、自分がいつも練習している環境を、そっくりそのままステージやストリートに持ち出せます。クラスを超えたリッチなサウンドと可搬性を両立し、現場での使い勝手も考えました。また、本体に内蔵されているステレオ・オーディオ・レコーダーで、本体での演奏はもちろんのこと、マイクや外部入力からの音も録音できます。あらかじめ作ったバック・トラックを再生するだけでなく、そこに重ね録りも可能なので、曲作りやデモ音源の制作にも使えます。音声はSDカード(別売)にWAVファイルでインポート、エクスポートできるので、PCとのやりとりも簡単です。

多彩な機能を誇りながら、軽量化による可搬性を実現。リアのバーが特徴的な61鍵モデルは、同じカテゴリーでもトップ・クラスの4.3kgの超軽量化を実現し、スリムなスタイルにピアノ・タッチのハンマー・アクション鍵盤を搭載する88鍵モデルも12.4kgと、両モデルともポータビリティの高い軽量ボディとなっています。

ACアダプターでの駆動に加えて、どちらも単3サイズのアルカリ乾電池/ニッケル水素充電池6本で動作可能。

世界中の一流プロ・ミュージシャンが使用するコルグのシンセサイザー。プロが認めるそのピアノ、エレクトリック・ピアノ、ドラムを上位機種から引き継ぎ、クラスを超えたサウンドを実現しました。

贅沢な響きが特長のグランド・ピアノは、タッチの強弱によって3つのサウンドを切り替え、ダンパー・ペダルのノイズも再現し、演奏の細かなニュアンスに応えます。またPCMシンセでは意外と珍しいアップライト・ピアノや、コルグならではのSG-1D、M1といった個性的な音色も収録しています。主要な5種類のエレクトリック・ピアノでも、アコースティック・ピアノ同様な表現力を実現し、エフェクトも含めたトータルな音作りで、憧れの音を手に入れることができます。

さらに、ワークステーションとして曲作りする上で重要なドラム・サウンドにもこだわりを引き継ぎ、リアルさと新規性をとことん追求しました。

KROSSはその可搬性ゆえ、さまざまなシチュエーションでの使用を想定し、旧世代の上位機種をも凌駕する幅広いジャンルの音色を集めました。

そのPCMデータは、従来機種X50やPS60の約2倍のサイズを誇ります。まずはよく使うロック/ジャズ・オルガン、ストリングス、ブラス、シンセ音などの定番音色をブラッシュ・アップ。さらにトイ・ピアノ、アコーディオン、コンボ・オルガン、チャーチ・オルガン、テープ・サンプラーなどのビンテージ楽器音、ベル系音色、最新のダンス・ミュージックやエレクトロニカに対応した多彩な音色など、これまでこのクラスのシンセには無かったユニークな音色も充実、「これ1台あれば」というものを目指しました。

多彩な音色の中から自分の探したい音をすぐに見つけられるよう、専用ダイヤルを用意しました。

まずカテゴリー・ダイヤルでピアノ、エレクトリック・ピアノ、オルガン、ベル、ストリングスなど音色のおおまかな種類を選んで、次にセレクト・ダイヤルを回して好みの音色を探します。違うジャンルの音色を挟まず、イメージに近い音色に絞って探せるため、スピーディーな選択が可能です。

気に入った音色や自分が作った音色を16ボタンx4に計64音色登録可能なフェイバリット機能を装備。ワンタッチで音色の呼び出し、切り替えが可能なので、ライブや制作の場面でとても便利です。

また、オーディオ・ソングを登録して、音色と一緒に呼び出すこともできます。

マイクを直接入力できるMIC IN端子(標準ジャック)を装備。弾き語りライブなどでも、別途ミキサーを用意する必要がありません。ボコーダー機能も搭載しており、マイクを使ってボコーダー・サウンドを演奏可能です。

また音楽プレーヤーなどを接続できるLINE IN端子(ステレオ・ミニ・ジャック)も用意。ポータブル・オーディオ・プレイヤーの音楽をバックに演奏するなど、ステージやストリートでの多用な要求にも柔軟に対応します。

レイヤー/スプリットの設定にはそれぞれ専用ボタンを用意。まず使用するプログラムを1つ選んで、そこで専用ボタンを押すだけで簡単にレイヤー/スプリットがオンになります。

オンになると、もう一方の音色やスプリット・ポイントなど詳細情報が画面に表示されるので、設定してライトするだけ。ライトしたレイヤー/スプリット音色はコンビネーションとして保存されます。

本体に内蔵されているステレオ・オーディオ・レコーダーで、本体での演奏はもちろんのこと、マイクや外部入力からの音も録音できます。あらかじめ作ったバック・トラックを再生するだけでなく、そこに重ね録りも可能なので、曲作りやデモ音源の制作にも使えます。

音声はSDカード(別売)にWAVファイルでインポート、エクスポートできるので、PCとのやりとりも簡単です。

人気モデル、Electribeシリーズ譲りのステップ・シーケンサーを搭載。パートごとに16個のボタンを使ってノートのオン/オフを設定するだけのシンプルな構成で、最大64ステップのオリジナル・リズム・パターンが簡単かつスピーディーに作ることができます。

また軽量ボディの中に、ミュージック・ワークステーションの基本性能もしっかり押さえており、16トラックのMIDIシーケンサーは、クオンタイズやコピー&ペースト、ミスタッチの修正(イベント・エディット)など、MIDIシーケンサーとして便利な機能を搭載。SDカード(別売)を使用すれば、SMF形式でPCとのデータのやりとりも可能です。専用ボタンを押すだけで演奏にリズムが加えられるドラム・トラック機能、シンセ音色だけでなくギターやベースのリフにも使えるアルペジエーターなど、ワークステーションやシンセサイザーのあらゆる機能を網羅しています。

USBでPCに接続して、MIDIデータのやり取りが簡単に行えます。 KROSS Editor、Plug-In Editorを使用すると、PCで一度に多くのパラメーターを確認しながらエディットしたり、KROSSをDAWでソフト・シンセのように扱ったりすることができます。

※□「返品規約」についてはこちら
※ご注文前に必ずご確認ください※
※在庫について※
当店では掲載の商品を通常在庫致しておりますが、ご注文頂くタイミングによっては在庫が切れている場合がございます。
お急ぎの場合は、ご注文前に事前に在庫状況のお問い合わせを頂ければ幸いでございます。
尚、在庫が切れている場合はメーカーよりお取り寄せとなります。
通常ご注文後2〜4営業日以内に入荷致しますが、メーカーが休日の場合は一部内容と異なる場合が御座います。
正式な発送日はご注文後に当店より送信致しますメールに記載させて頂きます。予めご了承下さいませ。

※ご入金※
上記ご案内致しております通り、一部商品はお取り寄せになってしまう場合がございます。
確実に商品を確保させて頂きましてからご入金のご案内をさせて頂きますので、ご注文後すぐにご入金頂く事はお控え頂けます様お願い致します。
当店からのご案内メールを確認後にご入金手続き頂けます様お願い致します。


※商品の仕様について※
掲載致しております商品は、当店でお取り扱い開始時に作成した内容のページとなっております。
商品は各種メーカー各商品若干の仕様変更が行われている可能性がございます。
その点は予めご了承くださいませ。
もし仕様の点でお気になされる事がございましたら、予めお問い合わせ頂けます様お願い致します。