ピアノ技術コーナー

ピアノのお手入れ

綺麗なピアノは弾いていても気持ちのいいものですね。練習しようという意欲も起こりやすいものです。
逆にほこりをかぶってしまうと弾く気も湧かないもの。
ちょっとしたお手入れでピアノはいつまでも綺麗な状態を保てます。
お家で簡単にできるピアノのお手入れ方法です。
ほこりを取る
ピアノの上にのっている物をどかして、カバーを外しましょう。
ほこりが白く目立っていませんか?
毛バタキなどを使ってほこりを取り除きましょう。クロスや掃除用の柔らかいネル生地も使えます。
汚れを取る
から拭きが基本ですが、汚れが特にひどいときには薄めた中性洗剤を柔らかい布にしみこませ、固く絞って拭きます。
クロスか柔らかいネル生地を使うとよいでしょう。水気が極力残らないよう、固くしっかり絞って下さい。水拭きが済んだら、別の乾いたクロスでから拭きし、水気を完全に取って下さい。ピアノは湿気を嫌います。天気のよい日に換気をよくして行うとよいでしょう。本来はこの作業が必要になる前にピアノを綺麗にしてあげてほしいものです。
磨いて艶を出す
ポリッシュやユニコンをクロスに取ってよく拭き伸ばしていきます。手あかや少々の汚れならこれでピカピカになります。あまり汚れがひどくならないうちにこまめに拭いてあげましょう。たくさん付けすぎるとムラになりますので少量ずつ様子をみながら磨きましょう。クロスが汚れてきたら新しいきれいな面を出し、ほとんどふき取るぐらいのつもりでするとよいでしょう。鍵盤にはキークリーナーを使います。
金属部分を磨
ペダルやブランド名のロゴ、蝶番などは市販の金属磨き・メタルクリーナーなど(目の細かいもの)で磨きましょう。
金属部分がピカピカになるとだいぶ印象が変わってみちがえるようになります。
ヤマハのお手入れセットには金属部分の磨きにも使えるコンパウンドも含まれていますので便利です。

実売可能商品

クロス(約45×40㎝)
¥500

超極細繊維構造の楽器用マイクロファイバークロス。
ケバ立ちや糸くずも出ません。
繰り返し洗ってご使用になれますのでとても経済的。
ポリッシュ(100ml)
¥400

艶だしのピアノ用ポリッシュです。
クロスに少量取ってピアノ本体によく拭き伸ばして下さい。
艶が出てピカピカに!
ヤマハユニコンS(150ml)
¥700

ヤマハが出している艶だし用のピアノポリッシュです。
使い方や効果は上記のポリッシュとほぼ同じです。
キークリーナー(80ml)
¥330

鍵盤専用のクリーナーです。
これもクロスに少量取って鍵盤を拭いて下さい。
ただし象牙の鍵盤と黒檀製の黒鍵には使用できません。
マットピアノクリーナー(200ml)
¥650

艶消しのピアノやデジタルピアノ、鍵盤などに幅広く使えるクリーナーです。
適量をクロスにとってムラにならないよう拭き上げて下さい。
毛バタキ(約30㎝)
¥1,700

ピアノに付いたほこりはこれで落としましょう。繊維の硬い雑巾などを使うと、ピアノの表面に細かいキズが付いてしまうことがあります。
普段のお手入れに便利なアイテムです。
トップへ戻る
ピアノ付属品一覧
お問合せ・お申込み

084-924-5331

info@merry-net.co.jp