目次

関連記事:カラオケに必要な機材は?

カラオケをするためには

自宅や公民館等でカラオケをするためには、まずバックで流れる音楽や歌詞を映し出すカラオケ機が必要となります。従来、自宅・別荘でのマイカラオケルームには、カラオケボックスで使用される業務用通信カラオケ機を使用する方法が主流でした。

上記のようなカラオケ機本体に加え月々「情報利用料」を支払う必要があります。常にカラオケボックスと同等の楽曲・映像が楽しめるのは大変魅力的ですが、「情報利用料」は使用量に関係無く支払う必要があります。一人で歌の練習をしたい、あるいは家庭での利用を想定した際は少々敷居が高いのも事実です。

タブレットやゲーム機でカラオケができるサービスがある

歌の練習、家庭での利用といったニーズに応えるのがタブレット・パソコン・ゲーム機をカラオケ機として使用するサービスです。通信カラオケ大手の「DAM」や「JOYSOUND」といったカラオケメーカーからも自宅用カラオケサービスの提供が行われています。

スマートフォン・パソコンを使ったカラオケ配信サービス

お勧めサービスは第一興商の「カラオケ@DAM」!映像がカラオケ店と同様の映像が流れるためとても気分がアガります。

サービス名 カラオケ@DAM
Forスマホ
カラオケ@DAM
ForWindows10
カラオケ@DAM
For WEB
デバイス iPhone/iPad/Android Windows10 WEBブラウザ
(パソコン/iOS/Android)
キーコントロール ×
メーカー紹介ページ 詳細 詳細 詳細

ゲーム機を使ったカラオケ配信サービス

お勧めサービスはニンテンドースイッチとJOYSOUNDのサービス!JOYSOUND独自のスマートフォン予約アプリを使えば、スマートフォンをリモコン代わりに楽曲予約ができます。

サービス名 カラオケJOYSOUND
ForNintendoSwitch
カラオケ@DAM
ForPlayStation4
カラオケ@DAM
For Xbox One
デバイス switch PlayStation®4
アプリ
Xbox One
アプリ
キーコントロール
メーカー紹介ページ 詳細 詳細 詳細

接続方法によっては音が遅れて出力されることが

ゲーム機・タブレットでカラオケをする際、音声遅延にご注意下さい。マイクの音が遅れて聞こえる症状でご相談が数多くよせられています。マイクの音声が送れる原因は主にゲーム機(またはタブレット)とテレビ内部でのデジタル処理によるレイテンシーがあります。


Nintendo switchでカラオケ

実際にニンテンドースイッチへJOYSOUNDカラオケアプリを入れてカラオケをしてみました。

セットアップ(1)ニンテンドーeショップへ入る

セットアップ(2)検索窓へ「JOYSOUND」と入れてカラオケアプリを表示させる

セットアップ(3)JOYSOUNDカラオケアプリをインストールする

セットアップ(4)インストール後、カラオケ利用券を購入

セットアップ(5)スマートフォンにキョクナビJOYSOUNDアプリを入れて、Switchと連携させる

セットアップ(6)より良い音で楽しむため、switchの音声をマイクミキサーに接続

Switchの音声はヘッドフォン端子から出力できます。

セットアップ例

POINT:音声遅延を防ぐ為、マイクの信号はテレビを経由せず、マイクミキサーからダイレクトにスピーカーへ音声を出力しています。ゲーム機に音声が入力されない為採点機能が使用できませんが、音声遅延無く歌うことができます。

製品構成:マイクミキサー もりあげくん/ヘッドフォン端子→もりあげくん接続ケーブル TD30SMRC

Android タブレット/スマートフォンでカラオケ

お手持ちのスマートフォン・タブレットでもカラオケを楽しむことができます。接続方法の一例をご紹介します。

セットアップ(1)アプリのインストール

セットアップ(2)マイクミキサーとの接続

タブレットの音声(カラオケBGM)をマイクミキサーに接続します。マイクミキサーへの入力はヘッドフォンアウトから有線で接続する方法と、マイクミキサーにBluetooth受信機を繋いでBluetoothで接続する方法があります。

セットアップ例(イラスト)


タブレットでカラオケをする場合、イヤフォン内蔵マイクの使用を推奨する場合が多いのですが、上記のようにマイクミキサーを使用すれば、ハンドマイクを使ってカラオケを楽しむ事ができます。
音声遅延を防ぐ為、タブレットにマイクの音声は入力致しませんので、採点機能が出来よう出来ませんが、音声遅延無くスピーカーからマイクの音を出力できます。

iPhone/iPadでカラオケをする

iPhone/iPadの場合、周辺機器が充実しているためlightning端子から直接信号を入出力することができます。

セットアップ(1)アプリのインストール

セットアップ(2)iOS対応のオーディオインターフェイスを接続

セットアップ例1(イラスト)

▲マイクの音声はiPadにも取り込まれる為、インターネット配信にもご利用頂ける構成です。

製品構成:オーディオインターフェイス TASCAM US-42/Apple純正lightning USBカメラアダプター

セットアップ例2(イラスト)

▲カラオケの音声をBluetoothで飛ばし、Bluetooth受信機→オーディオインターフェイスまで入力する方法です。(※採点機能は使えなくなります。)

製品構成:オーディオインターフェイス TASCAM US-42/FOSTEX Bluetootオーディオレシーバー PC-1BT

ワイヤレスマイクの接続

本ページでご紹介しましたゲーム機/タブレット/iPhoneセットはすべてワイヤレスマイクに置き換えることも可能です。有線マイクの代わりにワイヤレス受信機をお繋ぎ頂ければワイヤレスマイクとして使用できます。

音声出力端子の無いゲーム機でカラオケをする(HDMI端子しか無い)

ミキサーを使ってカラオケをする場合、再生機の音声出力をミキサーに繋ぐことになります。
対応する接続端子はアナログのオーディオ出力です。アナログの端子は下記写真の赤と白の入力端子が主流です。

ところが、昨今のゲーム機ではHDMI経由で音声信号を出力できるためアナログの音声端子を搭載していない場合があります。HDMI→テレビ→テレビのヘッドフォン出力からアナログ音声を取り出すことも出来ますが、テレビ経由で音声を取り出すと音声遅延の原因となります。

製品例:サンワサプライ HDMI信号オーディオ分離器 VGA-CVHD5

福山楽器センターでは家庭カラオケに最適な"マイクミキサー"や"マイク・ワイヤレスマイク" "アンプ" "スピーカー"を取り扱いしております。機材でお困りの際はお気軽にお問い合わせくださいませ。

PAGE TOP