【2024年版】当社お勧めのハイブリッド会議機材構成

アフターコロナへの転換後も働き方の変化や利便性によりハイブリッド形式での会議に関するご要望が高まっています。

本ページでは当社お勧めのハイブリッド機材構成をご紹介いたします。

得意商品

当社の得意分野は「ワイヤレスマイクを中心としたご提案」にございます。

ワイヤレスマイクを使用することのメリットは、人物に近い位置でマイキングをすることで、確実・明瞭に声を集音できることにあります。

当社では、バウンダリーマイクや天井設置型マイクロフォンのお取り扱いもございますが、コスト感は高くなってしまいます。

SHUREテーブルアレイマイクMXA310 通常価格150,000円(税別)+
SHURE ANI4OUT-BLOCK 通常価格82,000円(税別)
SHURE シーリングアレイ MXA910 通常価格542,000円(税別)

ワイヤレスマイクが人気を集めている理由の1つに、現実的な費用感 という点がございます。

本特集ページでも、ワイヤレスマイクを中心に最適な機材プランをご紹介させて頂きます。

映像を取り入れるなら「Roland」ビデオシリーズがお勧め

ビデオカメラやパワーポイント用PCの映像を取り込む場合、ビデオキャプチャーが必要となります。

Rolandのビデオキャプチャーなら、PCへの音声入出力機能であるオーディオインターフェイス機能内蔵の製品が多く、1台で完結出来る為お勧めです。

お勧め商品①Roland UVC-02

カメラ1台マイク1本のシンプルな構成にお勧めのコンパクトビデオキャプチャー。

マイク入力1系統のオーディオインターフェイス機能を内蔵しており、音と映像をPCに取り込める他、リアルタイムでマイクの音声をスピーカー等に出力も可能。

音響エコーを軽減させる「エコーキャンセラー機能」も備わっており、

プライベート配信からハイブリッド会議まで幅広く使えるビデオキャプチャーです。

Roland UVC-02 HDMI USBビデオキャプチャー
HDMI入力1つ、XLR入力1つを搭載した、USBビデオキャプチャー兼USBオーディオインターフェイス。エコーキャンセラー機能も搭載しており、ハイブリッド会議やハイブリッドイベントにも最適。
販売価格31,900円

お勧め商品②Roland VR-1HD

カメラ3台マイク2本の基本的な構成にお勧めのコンパクトビデオキャプチャー。

ビデオスイッチング機能も右下のボタン3つでコントロールできる簡単設計。

数あるビデオスイッチャーの中でも群を抜いて簡単に使える製品です。

Roland WEBストリーミングミキサー VR-1HD 単品

販売価格126,500円

USBカメラを使う場合はビデオスイッチャーは不要

USBカメラをメインカメラにハイブリッド会議システムを構築するなら、基本的にビデオスイッチャーは不要です。

(ビデオスイッチャーへUSBカメラは接続出来ません。)

必要となるのは、マイクとオーディオインターフェイス、そしてリアル会場用のスピーカーです。

選ぶポイントはマイクの本数とスピーカーの大きさ

ハイブリッド会議システム構築にあたり、一番に押さえておきたいのが必要なマイク本数と、

会場に合ったスピーカー選び。

スピーカーには、仮設で使う「ポータブルPAシステム」と、壁や天井に埋め込んで使う「固定設備スピーカー」があります。

20人~30人規模 仮設にお勧めのポータブルPAシステム

会議用として一番人気のスピーカー Roland CM-30をハイブリッド会議対応にしたセットです。

オーディオインターフェイスを接続することで、ハイブリッド形式でのWEB会議にもご利用頂けます。

ハイブリッド会議対応 簡易PAセット マイク4本セット (ワイヤレスマイク2本 有線マイク2本)

販売価格88,000円

50人~60人規模 仮設にお勧めのポータブルPAシステム

50人~60人規模の会場にはBOSE S1Proがお勧め。

BOSE ポータブルスピーカー S1Pro

販売価格76,780円

上記のスピーカーにオーディオインターフェイスとワイヤレスマイクを追加することで、ハイブリッド会議システムの構築が可能です。

ZOOM AMS-44 WEB会議向けオーディオインターフェイスセット ワイヤレスマイク2本付
ハイブリッド会議やウェビナーに最適なオーディオインターフェイスのセット。ワイアレスマイク付
販売価格63,900円

固定設備向けシステムもあります!

会議室の施工やリニューアル等にお勧めの固定設備向けセットも。

ハイブリッド会議にお勧めなのは「ラインアレイ型スピーカー」付きのセット。

ラインアレイ型のスピーカーは音を均一に届ける特性を持っており、

お部屋の響きが多い食堂や個室、体育館で多く採用されるスピーカーです。

ハウリングにも強く、ハイブリッド会議に適しています。

ハイブリッド会議対応 音響設備セット ワイヤレスマイク2本付き YAMAHA 縦長スピーカー(白)セット

販売価格240,000円

ご要望に合わせたご提案も

上記はスタンダードな構成でセットアップした基本例となります。

セットのカスタマイズも可能です。

例えば、マイクをピンマイクに変更したり、スピーカーの本数を増やしたり、屋外設置用の防滴スピーカーに変えることも可能です。

お気軽にご相談下さい。

【2024年版】当社お勧めのハイブリッド会議機材構成” に対して2件のコメントがあります。

  1. 加藤 正 より:

    ハイブリッド会議対応音響設備セットを検討しております AMS-44にスピーカー(YAMAHA MSP3 ペア モニタースピーカー)とワイヤレス(SHURE BLX288 SM58 ワイヤレスシステム)の組み合わせでレンタルして試しましたが、会場に会場のマイク音がスピーカーを通して聞こえてきませんでした (オンラインからの音声はスピーカーを通して聞こえ、また会場音はオンライン参加者にきれいに入りました) なぜ会場音がAMS-44を通して会場スピーカーに出なかったか、考えられる要因がありましたらご教示頂ければ幸いです
    上記の不具合が解消されれば、AMS-44は使いやすくて良いかと思っています ただ実際、100人規模のミーティングで、机椅子が設置されている会場の前方で講演者が講演(もしくはオンラインによる講演)後、会場・オンラインから質疑応答があるので、拡声とマイクは3、4本必要となります この場合のおすすめのスピーカー、マイク、インターフェイスの組み合わせがありましたら、ケーブル類も含めてご提案頂きたいです (貴社のマイク4本セットはワイヤレス2本とワイヤード2本となっていますが、ワイヤレス2本を2セットにできますか)
    お忙しいところ恐れ入りますが、ご返信の程宜しくお願い致します

    1. 猶崎 恵太 より:

      コメント頂きましてありがとうございます。
      AMS-44を介してリアル会場側スピーカーから音が出ない場合、
      ・AMS-44本体の「DIRECT MONITOR」スイッチがOFFになっていた
      ・AMS-44本体のOUTPUTボリュームが上がっていない
      ・AMS-44からスピーカーへの接続ケーブルが断線している
      上記3点が考えられます。事例として最も多いのが「DIRECT MONITOR」スイッチがOFFになっていることに起因するものです。上記3点をご確認頂いても、症状が改善されない場合は、メーカーサポートまでお問い合わせ下さいませ。

      また、弊社でセット購入頂いた場合は、図入りのセットアップマニュアルがございますので、マニュアルをご参照頂けますと幸いです。

      ワイヤレスマイク4本のセットもございますので、是非ご検討下さいませ。
      https://www.merry-net.com/new/dtm/set/zoom/ams-44-w4.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA