外付け型リモートID AEROENTRY AERO-D-X1 + mavic miniセット

AEROENTRY AERO-D-X1 外付型リモートID + MavicMini
AEROENTRY AERO-D-X1のQ&A
1 保証期間や保証規約、免責について 1ヶ月となります。詳細は取扱説明書をご確認ください。
2 取扱説明書は同梱されていますか? 説明書はダウンロード配布式となっております。QRコードが同封されておりますので、ご参照の上、必要に応じて印刷をお願いいたします。
3 AERO-D-X1を搭載した機体への保証はありますか? ありません。基本的にはお客様ご自身による自己責任において搭載・ご利用を頂く製品となります。
4 国土交通省の対応機種ですか? はい。下記国土交通省「適合しているとして届出があったリモートID機器等の一覧」のページをご参照ください。
5 外付けリモートIDを搭載した場合、国交省のドローン申請では改造機にあたりますか? DJIドローンであれば基本該当しません。国交省HP上の記載では機体重量の10%を超えるペイロード(積載物)が改造にあたります。
6 別の会社の外付けリモートIDを使っていますが、乗り換えはできますか? 可能です。登録リモートIDの書込は上書きが可能なので、導入手順書の手順に従い登録と書込み作業を進めれば問題ありません。
7 海外でも利用できますか? 本製品は、日本国内での使用を前提に設計、製造されています。日本国外での使用における故障、不具合についての責任を負いかねます事、予めご理解ください。
8 複数のドローンを持っているが、1台のAERO-D-X1を使い回す事は可能ですか? 可能ですが、非推奨となります。製品仕様上、1つの機体に対して1つのAERO-D-X1のID書込となります。
そのため、機体切替時には毎回国土交通省HPドローン登録ページからの登録情報の変更及びIDの書込み操作を行う必要があります。
製品仕様
1 充電方法は? 本体直接接続のUSB-C端子対応となります。
2 充電可能回数は? 500回以上です
3 ACアダプターやケーブルは付属しますか? 10cmのUSB−C to Aケーブルのみ付属となります。充電アダプターは付属しません。
4 ACアダプターの指定はありますか? 特にありません。ただし、付属のUSBCableはUSB−C  to  Aケーブルとなるため互換性のあるアダプターが推奨となります。
5 通信距離は? 300m以上が製品仕様です。出来る限り見通しの良い場所での利用を推奨します。
6 利用しているスマートフォンで別Bluetooth端末を接続しているがリモートIDとの併用は可能ですか? 可能ですが、併用される機器次第では干渉の恐れがあります。
基本的にAERO-Dのみの利用を推奨します。
7 推奨のOSバージョン(Android/iOS共に)はありますか? 登録(書込)の作業に必須となる国土交通省のDIPS Appの適合アプリバージョンを参照ください。
(各OSのアプリストアの情報をご参照ください)
8 製品番号(シリアルナンバー)はありますか? はい、あります。製品側面(上側)に製品毎に刻印されています。
製品番号はリモートIDの書込作業時に必要となりますので、一度どこかにメモなどで保存される事を推奨します。
【ドローンの主な仕様】
離陸重量 199 g(日本国内仕様)
サイズ 折りたたんだ状態:140×82×57 mm (L×W×H) 、展開時:160×202×55 mm (L×W×H) 、展開時(プロペラあり):245×290×55 mm (L×W×H)
対角寸法 213 mm
最大上昇速度 4 m/s (Sモード) 、2 m/s (Pモード) 、1.5 m/s (Cモード)
最大下降速度 3 m/s (Sモード) 、1.8 m/s (Pモード) 、1 m/s (Cモード)
最大飛行速度(海抜に近接、無風) 13 m/s (Sモード) 、8 m/s (Pモード) 、4 m/s (Cモード)
運用限界高度(海抜ゼロ地点) 3000 m
最大飛行時間 18分(日本向け)(無風で12km/hの速度で飛行時に測定)
最大風圧抵抗 8 m/s(スケール4)
最大傾斜角度 30°(Sモード) 、20°(Pモード)、20°(Cモード)
最大角速度 150°/s (Sモード) 、130°/s (Pモード) 、30°/s (Cモード)
動作環境温度 0℃~ 40℃  動作周波数  モデル MT1SS5:5.725~5.850 GHz  モデル MT1SD25:2.400~2.4835 GHz、5.725-5.850 GHz
ジンバル 機械的可動範囲:チルト:-110° ~ 35°  ロール:-35° ? 35°  パン:-20° ~ 20°
操作可能範囲:チルト:-90°~0°(デフォルト設定)-90°?+20°(拡張時)
スタビライズ機構:3軸 (チルト、ロール、パン)
カメラ センサー:1.2/3インチCMOS  有効画素数:12 MP
レンズ:FOV:83°  35 mm判換算:24 mm  絞り:f/2.8  撮影範囲:1 m ~ ∞
ISO感度:動画: 100~3200  写真:100~1600 (オート)  100~3200 (マニュアル)
シャッター速度:電子シャッター:4~1/8000秒
静止画サイズ:4:3:4000×3000 16:9: 4000×2250
動画解像度:2.7K:2720×1530 25/30 p FHD:1920×1080 25/30/50/60 p
対応ファイルシステム FAT32、exFAT
信機&動画伝送 最大伝送距離(障害物、電波干渉のない場合)  モデル MR1SS5  5.8 GHz:4000 m (FCC); 2500 m (SRRC)  モデル MR1SD25  2.4 GHz:2000 m (MIC(日本)/CE)  5.8 GHz:500 m (CE)
ご確認ください。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

型番:mavicmini-aero-d

現在在庫切れです。お問い合わせはこちらから



クレジットカード決済をご利用の方はヤフーショッピング店よりご注文下さい。
ヤフーショッピング価格:66,000円(税込)

※販売価格は、運営サイトで表示されている価格での販売となります。
必ず売価を商品ページ内でご確認下さい。※価格はリアルタイムに反映されておりません。

型番:mavicmini-aero-d

現在在庫切れです。お問い合わせはこちらから



クレジットカード決済をご利用の方はヤフーショッピング店よりご注文下さい。
ヤフーショッピング価格:66,000円(税込)

※販売価格は、運営サイトで表示されている価格での販売となります。
必ず売価を商品ページ内でご確認下さい。

閉じる







目の前に広がる空へ

コンパクトでパワフルなMavic Miniは、あなたの空のパートナー。
日常の何気ない風景が、クリエイティブな映像に早変わり。
簡単操作のアプリDJI Flyを使って、鳥のように、思いっきり飛んでみよう。

■超軽量199g
■最大18分の飛行時間
■最大2 kmのHD動画伝送
■GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
■3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
■簡単撮影&編集

重さはスマートフォンとほぼ同じ
Mavic Miniは、200 g以下の重さで、一般的なスマートフォンとほぼ同じ重さです。そのため、Mavic Miniは、手軽に持ち運べ、最も軽量で最も安全な重量クラスのドローンとして分類され、多くの国において特定の規制対象から免除される場合があります。

よりよく、より直感的に
新アプリ DJI Flyは、シンプルで直感的なユーザーエクスペリエンスを提供し、数回タップするだけで映画のような映像を作成できます。
また、Mavic Miniの飛行チュートリアルを使用すれば、安全かつすぐに使い始めることができます。

安心して、思いっきり飛ばそう
Mavic Miniに360°プロペラガードを装着すると、プロペラを完全に保護し、飛行の安全性を向上させます。[5] 高性能センサー搭載により、Mavic Miniは正確にホバリングします。

アプリにおまかせ
DJI Flyアプリには、タップするだけで素晴らしい映像を作成できる様々なクリエイターテンプレートがあります。たとえ映像の編集経験がなくても、SNS映えする映像を作成できます。

どんな瞬間も、アート作品のように
Mavic Miniは、12MPの空撮写真と2.7K クアッドHD動画の撮影に対応しています。
3軸モーター搭載のジンバルは、カメラに優れた安定性を与え、鮮明で非常になめらかな映像撮影を実現します。

Mavic Miniの視点で眺めよう
専用の送信機は、最大2 kmまでのHD動画伝送に対応。脱着可能な操作スティックは、送信機内に簡単に収納できるので、携帯性抜群です。

素早い充電時間で、長時間飛行
Mavic Miniは軽量なため、市販されている同様のコンシューマー向け製品よりも長く飛行できます。完全に充電されたバッテリーで、最大18分の飛行をお楽しみいただけます。

複雑な撮影を、今まで以上に簡単に
Mavic Miniのクイックショット モード(ドローニー/サークル/ヘリックス/ロケット)を使えば、ハリウッド映画に出てくるようなカメラワークを、数回タップするだけで実行します。クイックショットを選択すると、Mavic Miniは、事前に設定された精巧な動作を実行しながら撮影します。自動生成されたショートムービーを、SNSにすぐに
アップして、友達とシェアしましょう。

映画のような滑らかなカメラワーク
Mavic Miniの飛行速度と動作を低速にすることにより、精度と安定性を向上させることができます。このモードは、狭い場所や複雑な場所を飛行する場合に、特に威力を発揮します。

近くの見栄えの良い場所を撮影しよう
DJI Flyアプリを使えば、空撮した写真や動画を共有できるソーシャルメディアSkyPixelに直接アクセスできます。他の人の撮影を閲覧したり、自分自身の作品を共有したり、
また、近くの地域の人気空撮スポットを探したりすることができます。



商品検索
カテゴリー一覧

新着記事一覧

PAGE TOP