audio-technica オーディオテクニカ コンデンサーマイク AT2035 (KLOTZマイクケーブルなど付属品6点セット)

【セット内容】コンデンサーマイクAT2035(ショックマウント・収納ケース付き)×1/ポップガード×1/ブームマイクスタンド/モニターヘッドフォン/譜面台/KLOTZマイクケーブル(5m)×1
根強い人気を誇るaudio-technicaのAT2035
スタッフコメント
【セットの特長】
ボーカル録音にあると便利な付属品を一式お付けしたコンデンサーマイクセットです。本セットには通常別売のマイクケーブルもお付けします。
あとはレコーダーかオーディオインターフェイスをご用意頂ければ、ボーカル録音やナレーション収録を始めることができます。オーディオテクニカのコンデンサーマイクAT2035に加え、オーディオインターフェイスやミキサーへ接続可能なステレオヘッドフォンと歌詞カードを置くのに便利な譜面台、マイク固定用のマイクスタンドをお付けします。マイクケーブルは、ケーブルとしては珍しい保証付きのKLOTZマイクケーブルをセットに致しました。。

【マイクの特長】
ボーカル、ナレーション、楽器集音など多用途に使える癖の少ないコンデンサーマイクAT2035です。入門用コンデンサーマイクとしては、AT2020が一番人気なのですが※入門機にこそ1グレード上のこちらAT2035をお勧めしたいです。AT2035はAT2020(下位機種)・AT2035(当機種)・AT2050(上記機種)の3機種の中で最も入力感度が高く、繊細な音も集音しやすくなっております。

ここでは、店頭でも良くご質問頂くAT2020との比較を中心にコメントしたいと思います。
まず、AT2020との2機種では付属品から違いがあります。AT2020は価格を抑えるため、スタンドとマイクを固定する器具が防振機構の無い金具タイプになっています。一方の当機種は防振機構のあるサスペンションショックマウントが付属致します。このサスペンションショックマウントは、レコーディング現場のみならずネット配信用途にも活躍致します。コンデンサーマイクは感度が良い為スタンドから伝わる振動の影響も少なからず受けてしまいます。ネット配信では、卓上にスタンドを置いてキーボードを打鍵することがあると思います。サスペンションショックマウントを使うことで、打鍵などの振動をマイクに伝わりにくくすることができます。

気になる音質はというと、色付けのない音を指標とするaudio-technicaのコンデンサーマイク同士だけあって、キャラクターはとても似ています。((詳細は下記にて))
※2019/5時点 当社実績
エンジニアレビュー
AT2020からの差分で言うと、低域の安定感がプラスされている。 ピッチ感を捉えやすいので、腰高なアコギのストロークも安定して録れそう。 宅録でアコギとボーカルを同じマイクでまかないたいと思う方や、落ち着いた声色が欲しい人は一考の価値あり。[福山Cable 2020/08]
【メーカーより】
■新開発「ダブル・ウェーブ・ダイアフラム」を搭載した、ハイコストパフォーマンスモデル。
■飛躍的に向上した感度とS/Nで、ハイクオリティー収音を実現。
■引き締った量感あるサウンドは、レコーディングからライブステージまであらゆる用途に適しています。

【こういったシチュエーションに】
■レコーディング/ライブ/ネット配信/ナレーション収録
■ソース:ボーカル/アコースティックギター/ギターアンプ

【仕様】
型式:バックエレクトレットコンデンサー型
・指向特性:単一指向性
・周波数特性:20~20,000Hz
・感度 (0dB=1V/1Pa、1kHz):-33dB
・最大入力音圧レベル(1kHz、THD1%):148dB S.P.L.
・ローカット:80Hz、12dB/oct
・SN比(1kHz、1Pa):82dB以上
・出力インピーダンス:120Ω平衡
・電源:ファントム DC11~52V
・消費電流:3.8mA
・質量:403g
Q&A
Q1)パソコンに繋ぐにはどうしたらいいですか。
パソコンへ繋ぐ際は、オーディオインターフェイスをご利用ください。パソコンに付いているマイク入力端子(ステレオミニ)は、規格が異なるため使用できません。また、パソコン搭載のマイク入力端子は、ボイスチャット等をする分には問題ないとされていますが、音楽用途で綺麗な音で録るには性能不足な面がございます。パソコンの電源にも近いためノイズものりやすいです。

Q2)iPhone・iPadに繋ぐにはどうしたらいいですか。
iOSデバイス対応のオーディオインターフェイスを使うことでiPad等に接続可能です。

Q3)ライブで使えますか。
楽器集音としてならご利用頂けます。ボーカル用としてはあまり一般的ではありません。意図しない限りはステージやライブでのご利用には「ハンドヘルド型」のコンデンサーマイクか、ダイナミックマイクのご利用をお勧め致します。

Q4)ヒトカラで使えますか。
別途ミキサーをご利用頂ければ、ヘッドフォン経由でマイクの音を聴く「ヒトカラ」も可能です。

ミキサーやオーディオインターフェイスも多数取り扱いしております!お気軽にお問い合わせください。
ご確認ください。
※コンデンサーマイクをお使いいただくには、ファンタム電源供給が必要となります。

※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。また、モニタの設定などにより色調が実物と異なる場合がございます。ご購入後に思った色と違うなどでのキャンセルはご遠慮下さい。

※こちらの商品は店頭及び他のショッピングサイトでも販売を致しております。タイミングによっては売り切れの場合がございます。ご注文時に売り切れの場合は、お取り寄せにお時間を頂くこととなります。予めご了承下さい。

型番:AT2035-C-KZ

自社特別価格: 30,220円(税込)
送料:

最短4月26日出荷
  • 上記の表示は目安となります。ご注文状況や運送状況により表示よりもお日にちを頂戴することがあります。
  • 上記目安は「1注文」「1点」注文時の目安となります。複数ご購入の場合は、お取り寄せとなり出荷にお時間を頂く場合がございます。
  • 在庫連携は1日1回となっております。タイミングによっては注文が重なり欠品の場合もございます。お急ぎの方は事前にお問い合せ頂けますと幸いです。
数量


クレジットカード決済をご利用の方はヤフーショッピング店よりご注文下さい。
ヤフーショッピング価格:32,599円(税込)

※販売価格は、運営サイトで表示されている価格での販売となります。
必ず売価を商品ページ内でご確認下さい。※価格はリアルタイムに反映されておりません。

型番:AT2035-C-KZ

価格: 30,220円(税込)
(税別:27,473円)
送料:

最短4月26日出荷
数量


クレジットカード決済をご利用の方はヤフーショッピング店よりご注文下さい。
ヤフーショッピング価格:32,599円(税込)

※販売価格は、運営サイトで表示されている価格での販売となります。
必ず売価を商品ページ内でご確認下さい。

閉じる
audio-technica AT2035







■gallery

※セッティングイメージ画像です。

AT2020との比較

店頭においてもよくご質問を頂く「AT2020とAT2035」の違い、比較についてコメントしていきたいと思います。

付属品の違い
AT2020は価格を抑えるため、スタンドとマイクを固定する器具が防振機構の無い金具タイプになっています。一方の当機種は防振機構のあるサスペンションショックマウントが付属致します。このサスペンションショックマウントは、レコーディング現場のみならずネット配信用途にも活躍致します。コンデンサーマイクは感度が良い為スタンドから伝わる振動の影響も少なからず受けてしまいます。ネット配信では、卓上にスタンドを置いてキーボードを打鍵することがあると思います。サスペンションショックマウントを使うことで、打鍵などの振動をマイクに伝わりにくくすることができます。

はっきりとした違い
実際に聞き比べて一番感じ取れたのが「入力感度」の違いでした。スペックでも分かっていたのですが、AT2035が最も感度が高く小さな音も良く拾えています。
機能面の違いとしては、マイク側にローカットスイッチが搭載されており、マイクプリのさらに前段階で不要な振動成分をカットできるようになっています。

音の質感(スタッフ個人の感想です)
オーディオテクニカのマイクロフォンは色付けの無いサウンドを指標にしているだけあって、とても似たサウンド特性を持っています。個人的な印象として、AT2020・AT2035・AT2050とグレードが上がるにつれてマイクの豊かさが増していく印象を受けます。圧倒的な差とまでは感じなかったのですがAT2035の方が僅かに音がクリアーに聴こえ、それでいてそのクリアー感がキンキンとした派手な感じでは無く、上品なクリアーさに感じました。
AT2020は落ち着いたフラット系サウンド、AT2035は上品なクリアーサウンド、AT2050ではさらにフラット寄りで豊さが加わるという印象を受けました。


ボーカル録音やアコースティック楽器の集音に
新開発「ダブル・ウェーブ・ダイアフラム」を搭載した、ハイコストパフォーマンスモデル。

オーディオテクニカは、 マイクロフォンやヘッドホンの心臓部であるユニット製造から行う数少ないオーディオメーカーです。音質と品質の両立には、欠かせないことなのです。製造工程は徹底した管理が行われ、audio-technicaを代表する40シリーズのマイクロホンでは、無響室にて全数検査を行っています。一般的に採用されている基準よりも厳しい基準です。実直に、丁寧に、妥協しない。この姿勢は日本のメーカーならではのものでしょう。
オーディオテクニカのマイクロホンに共通するひとつの指標は「色づけのない音」。広いダイナミックレンジは音楽を余すところなく捉え、優れたSN比はホールやライブの空気を捉えます。
そして、フラットな周波数特性と位相変化の少ないマイクロホンは色づけのない音を生み出します。これらの優れた特性を実現するために、様々な独自技術が投入されてきました。
世界的なスタンダードマイクロホンとなったAT4033にも採用された"ウェーブ・ダイアフラム"。その進化形の"ダブル・ウェーブ・ダイアフラム"。リボンマイクに搭載された"MicroLinear"ユニット。いずれの技術も世界的なトップエンジニアから高い評価を得ています。


【コンデンサーマイクの特徴】
コンデンサーマイクは、ライブハウスやカラオケボックスなどでよく見かけるダイナミックマイクに比べ、小さな音も拾いますので繊細な録音に向いています。ボーカルレコーディングでは、声の表現も忠実に拾うコンデンサーマイクが好まれています。また、臨場感や空間の広がりを加える部屋の鳴り(アンビエント)を録るときにも使われています。
マイク自体も構造上ダイナミックマイクよりも繊細で、衝撃を与えたり湿度の高い場所に保管していると壊れやすくなる為、取り扱いにも注意が必要になります。

【メーカーより】
■新開発「ダブル・ウェーブ・ダイアフラム」を搭載した、ハイコストパフォーマンスモデル。
■飛躍的に向上した感度とS/Nで、ハイクオリティー収音を実現。
■引き締った量感あるサウンドは、レコーディングからライブステージまであらゆる用途に適しています。





仕様

型式 バックエレクトレットコンデンサー型
指向特性 単一指向性
周波数特性 20~20,000Hz
感度 (0dB=1V/1Pa、1kHz) -33dB
最大入力音圧レベル(1kHz、THD1%) 148dB S.P.L.
ローカット 80Hz、12dB/oct
SN比(1kHz、1Pa) 82dB以上
出力インピーダンス 120Ω平衡
電源 ファントム DC11~52V
消費電流 3.8mA
質量 403g



商品検索
カテゴリー一覧

新着記事一覧

PAGE TOP