【セット内容】TASCAM リニアPCMレコーダー DR-05X/ウィンドスクリーン(ボアタイプ)
会議・ネット配信・iOSアプリへの入力に着目したリニアPCMレコーダー
スタッフのコメント:
TASCAMのロングセラー商品DR-05をUSBマイクとしても使えるUSBオーディオインターフェイス対応版リニアPCMレコーダーです。 パソコンに繋いでネット配信用のマイクとして使うこともできますし、インターネット会議用のマイクとしてもお使い頂けます。iPhoneやiPad等のiOSデバイスにも対応している為、配信アプリ・カラオケアプリ・音楽制作アプリ・音源供給アプリへの音声入力も可能です。
その他、会議の議事録作成等、文字起こしに便利な文字起こし再生モードの搭載やナレーション収録に便利なパンチイン機能など、無印DR-05よりも声の収録、議事録起こしに特化した機能を搭載しています。これ一台で録音も配信もしたい、という方や声の収録が主な用途だという方には品番に[X]が付いた当機種、DR-05Xがお勧めです。

【DR-07Xとの違い】
マイクの特性が異なります。DR-05は無指向性のマイク、DR-07はXY方式の単一指向性のマイクとなっております。無指向性のマイクはマイクの向きや角度による音量の影響を受けにくく、音源がマイクに対して左右に散らばってい、広範囲の音を収録したいという用途に適しています。声の収録では複数人での収録に適しています。マイクのセッティングにシビアにならなくてもあらゆる音を拾う為、簡単にお使い頂ける特性となっております。RolandのR07やJVCのXA-LM10、XA-LM30は無指向性のマイクを搭載しています。

DR-07Xは指向性のあるマイクですので、マイクが向いている方向の音を拾う特性にあります。マイクが向いていない方向の音は拾いにくくなるため、音源を的確に、狙って音を録りたいという要望に適しています。狙って音を録ることで余計な音を拾う割合が少なくなり、目的の音を聴き取りやすくすることができます。
主に楽器の収録や一人での音声収録に適しています。会議や説明会の場では、主となる演説者の声を狙って録りたいという要望にお勧めです。
マイクの向き、角度によって音量に差がでやすいため、狙って音を録りたいという目的のある方にお勧めの特性です。ZOOMのH1(H1n)などが単一指向性を搭載しております。

【メーカーサイトより】
DR-05Xはコンパクトなボディに多くの機能を備え、簡単操作で高音質の録音が可能です。 ミーティングの議事録や文字起こしに、音楽に、映像収録に、マルチに使えるハンドヘルドレコーダーの新定番です。
主な仕様
記録メディア microSDカード(64MB~2GB)、microSDHCカード(4GB~32GB)、microSDXCカード(最大128GB)
録音形式 WAV:44.1kHz/48kHz/96kHz 16bit/24bit
MP3:44.1kHz、48kHz 32k/64k/96k/128k/192k/256k/320k bps
録音チャンネル数 2チャンネル(ステレオ)or 1チャンネル(モノラル)
再生スピードコントロール 0.5倍~1.5倍(0.1倍単位) ※44.1k/48k Hz時のみ
内蔵マイク 無指向性、ステレオ
内蔵スピーカー 0.3W、モノラル
リバーブエフェクト 6(HALL 1、HALL 2、ROOM、STUDIO、PLATE 1、PLATE 2)
アナログオーディオ入力 マイク&外部入力:3.5mm(1/8")ステレオミニジャック、アンバランス、プラグインパワー対応
三脚取り付け用穴 1/4インチ・カメラネジ

電源

単3形電池2本(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池)
パソコンからのUSBバスパワー
専用ACアダプター(TASCAM PS-P520E、別売)
外形寸法 61(W)×141(H)×26(D)mm
質量 116g(電池を含まず)
付属品 説明書
別売品 microUSBケーブル/SDカード/USB充電器
Q&A
Q1. 録音しながらUSBマイクとして使用できますか?
USBマイクモード時には録音はできません。

Q2.iPhoneに繋ぐためには何が必要ですか?
Apple純正のUSBカメラアダプターとmicroUSBケーブルをご用意下さい。

Q3.DR-05VER2-JJよりも高音質ですか?
音質面での差別化・アップデートは行われておりません。主に機能面で差別化をされております。

Q4.USBで給電しならがら録音することはできますか?
はい、可能です。USB接続中に電源を投入すると「バスパワーモード・リーダーモード・インターフェイスモード」のいずれかのモードで使うかの確認画面に入ります。確認画面内でバスパワーモードに設定頂ければ、電池供給時と同じような挙動で録音することができます。
ご確認ください。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。また、モニタの設定などにより色調が実物と異なる場合がございます。ご購入後に思った色と違うなどでのご返品はお受けできません。
※こちらの商品は店頭及び他のショッピングサイトでも販売を致しております。タイミングによっては売り切れの場合がございます。ご注文時に売り切れの場合は、お取り寄せにお時間を頂くこととなります。予めご了承下さい。



いつでも、どこでも、良い音で録音を。
かんたんな操作で、プロフェッショナルさながらの音質を実現。大音量に対応した内蔵ステレオマイクで、 コンパクトなボディでも小さい音から大きな音までしっかり集音し、本格的な録音をすることができます。

かんたん操作
DR-05Xは指1本でかんたんに操作することができます。レベル調整はもちろん、録音したファイルの分割や削除、マーカーの追加なども素早くかんたんに実行できます。

日本語メニュー対応
DR-05Xは10ヶ国語に対応。より操作しやすい日本語でのメニュー表示に対応しています。

長時間駆動
DR-05Xはたった2本の単3形電池で、約17.5時間のCDクオリティの録音が可能です*。USBモバイルバッテリーと組み合わせれば、より長時間の動作も可能になります。 (*内蔵マイク、アルカリ乾電池EVOLTA使用時)

いつもの部屋が、スタジオに。
DR-05XのUSBオーディオインターフェース機能を使ってパソコンやiOSデバイスと接続すれば、アフレコやライブ配信、ポッドキャストや作曲もプロの音質で行うことができます。複雑な設定を必要とせず、USBマイクのようにシンプルに動作します。

動画の音声をアップグレード
DR-05XはDSLR(デジタル一眼レフカメラ)などでの動画撮影にも最適です。専用アクセサリーキット”AK-DR11C”(別売)を使ってカメラと接続すれば、自動トーン機能で動画ファイルと音声ファイルにスレートトーンを記録することができ、動画編集の際に位置合わせを容易に行うことができます。

ミーティングの録音も文字起こしも、この1台で。
DR-05Xの文字起こし再生モードは、人の声に特化したイコライザープリセットや、任意の秒数を1タップで前後に移動できるジャンプバック再生、音程を変えずに再生スピードを調整できる再生速度可変機能を搭載。ミーティングやインタビューの録音から文字起こしまで、この1台で完結します。

大事な瞬間も録り逃さない
音声の入力レベルを感知して自動で録音を開始する「自動録音機能」と、録音開始操作2秒前からの音を録音できる「事前録音機能」を搭載。とっさの瞬間でも、録り逃しを防ぐことができます。

不意な大音量でも安心
DR-05Xはピーク検出機能を搭載。ピーク(音の歪み)に達する音量が入力された際に、自動的にレベルを下げて録音を続けます。ライブリハーサル時の音量設定も、大きめに設定しピーク検出機能を使用すれば自動的に音源に合わせたレベルに設定されるため、誰でもかんたんに最適なレベル設定の録音が可能です。

テイク2も上書きで簡単に
例えばナレーション録音の途中で間違えてしまっても、最初から全て録り直す必要はありません。オーバーライト(上書き)機能を使えば、任意の箇所から同一ファイル上に上書き録音をすることが可能です。上書きした内容はUNDOで取り消すこともでき、無用なファイルを増やさず効率よく録音できます。

非破壊オーバーダビング機能
オーバーダビング機能により、録音済みのファイルを再生しながら重ねて録音ができます。予めリハーサルスタジオなどで録音された音源にギターソロなど、他のパートの音色を重ねて録音することが可能です。オーバーダビング時は新しいファイルが作成され、元のファイルはそのまま残るので、録り直しも簡単にできます。

CD音質で、最大192時間
DR-05Xは大容量のmicro SDXCに対応し、長時間の録音が可能です。最大128 GBのカードに対応し、44.1kHz/16bitのCDクオリティの録音をした場合は最大192時間、さらにMP3/320kbpsの場合では最大896時間の録音が可能です。





PAGE TOP